« 陰陽山(茨城県) | トップページ | 花の入公園~燕山~加波山(茨城県) »

御嶽山~雨引山~燕山~加波山~足尾山~筑波山縦走(茨城県)

2009/11 御嶽山(230m)~雨引山(409m)~燕山(701m)~加波山(709m)~足尾山(628m)~筑波山(877m)

岩瀬駅(05:09)-御岳山登山口(05:30)-御岳山(05:48)-雨引山(06:51)-雨引観音分岐(07:06)-燕山(08:58)-加波山(09:55)-一本杉峠(10:53)-足尾山(11:52)-上曾峠(13:24)-湯袋峠分岐(14:03)-筑波山裏登山道入口(14:14)-裏筑波野営場(15:05)-筑波山ユースホステル跡(15:34)-御幸ヶ原(16:09)-筑波山(16:31)-筑波山神社バス停-(バス)-筑波山口バス停-(バス)-土浦駅-(電車)-友部駅-(電車)-岩瀬駅

雨引山からず~と、筑波山まで尾根が続いており、縦走したいな~ということで、縦走してました。
最初、JR水戸線で岩瀬駅に行き、御嶽山から筑波山まで縦走して、土浦までバスで移動、土浦駅からJR常磐線で帰ろうと考えました。
日の出が6時ごろ、日の入りが16時半頃で、時間計算すると日の出から歩き始めないと、日の入り前に筑波山に着きそうにありません。
車で日の出前に岩瀬駅まで行き縦走した後、バスと電車で移動して岩瀬駅に車を回収しに行くことにしました。

日の出の1時間前に岩瀬駅に着きました。
P1000001

岩瀬駅の駐車場に車を停めます。
封筒に駐車料金を入れ、鍵の掛かったポストに入れるようになっています。
駅から右側の線路沿いに車道を歩いて、右折して踏み切りを渡って細い道を歩いて行きます。
20分ぐらい歩いて御岳山登山口に着きました。
まだ暗いですが、階段の道が整備されていて問題なさそうなので登っていきました。
暗い中、急な階段を登って行くと御岳山神社に着きました。
P1000005

東屋からは、霞のかかる岩瀬町の展望がありました。
正面に見えるのが富谷山です。
P1000004

暗い山道は危険なので、日の出を待って15分ほど休憩してから、雨引山に向かいました。
道標には、雨引山まで2.2kmとありました。
P1000007

緩やかな尾根道を登って行くのですが、ハイキングコースは採石場を迂回して登り返しています。
土地の人に教えていただいた迂回しないで行ける道を行きました。
眼下に採石場が見えるところは樹間が開けてて展望がありました。
P1000009

岩瀬無線中継所の鉄塔を過ぎ、雨引山への最後の登りで急な階段を登って行くと、雨引山山頂に着きました。

燕山と加波山
燕山と双耳峰の加波山は燕山に隠れて頂上からの尾根が僅かに見えました。
P1000010

筑波山
霞がかかっていて良い雰囲気です。
P1000011

展望を楽しんだ後、燕山方向に下ります。
P1000014

下って行くと雨引観音への分岐があります。
以前に雨引観音に行ったとき、孔雀が羽を広げて自慢してました。
直進して、燕山に向かいます。
P1000015

ハイキングコースは緩やかなアップダウンの道が続いています。
P1000018

燕山が間近になってきたところから、振り返って見ると雨引山が見えました。
P1000020

燕山への最後の登りにさしかかり、手すりのついた急な道を登っていきます。
P1000022

地肌が現れたすべりやすい坂を登ったあと、岩混じりの急な坂を登っていきます。
「関東ふれあいの道」となめてました。
きついです。許してください。
P1000024

息を荒げて、汗をかいて、燕山山頂に着きました。
P1000026

山頂は樹木があり、展望はあまりありませんでした。
加波山との間にあるHNKの電波塔が見えました。
P1000027

山頂を通り過ぎて下って行くと、電波塔手前に東屋がありました。
ここでひと息いれます。
P1000029

電波塔まで登ってきている車道を下りて行き、加波山へ右に分岐して歩いて行きます。
P1000031

階段を登って、加波山神社の鳥居を潜ります。
P1000032

大天狗様がおられました。
P1000033

大天狗様の脇の階段を登って行きます。
P1000034

ロープのある岩場を登っていきます。
P1000035

尾根づたいに幾つもの祠がありました。
加波山は信仰の山です。

親宮
P1000036

たばこ神社
P1000038

中宮
P1000039

本宮
P1000042

加波山は、あまり展望はありませんでした。
中宮から燕山を望む事が出来ました。
電波塔のある山の奥にあるのが燕山です。
P1000040

本宮のあたりが山頂とおもわれ、巨石がありました。
P1000043

先に進むと加波山神社里宮からの参道が登ってきています。
最後の社を過ぎると一本杉峠へ下ります。
P1000045

いまにも転げ落ちそうな岩の脇を通ります。
P1000046

笹薮のある道を下って行きます。
P1000018_2

手すりのある急な階段を降りて行きます。
P1000052

階段を降りきると車道に出ました。
巨大な羽根のついた風力発電の塔が目に飛び込んできました。
丸山の風力発電所です。
P1000054

2基目の風力発電の塔を建設中で、丸山へは立ち入り禁止になってました。
車道を歩いて一本杉峠に向かいます。
足尾山の奥に、うっすらと筑波山が見えます。
P1000061

車道を歩いて行くと、大きな杉の木が見えてきました。
P1000062

交差している車道から振り返ると一本杉峠でした。
P1000064

一本杉峠にあった道標に従い、きのこ山方向に向かいます。
P1000063

車道のハイキングコースを歩いて行きます。
P1000067

車道を歩いて行くと、足尾山神社の鳥居がありました。
鳥居から参道を登って行くと足尾山に登れるようです。
P1000071

参道を登って行くと、祠がありました。
P1000072

祠の左手を登って行くと、足尾山頂上でした。
山頂には祠があり、靴などがかけてありました。
山名に足という文字があるからでしょうか?
靴のかかった祠を写真に撮ったんですが、保存しなかったようで残ってませんでした。
山頂は樹木に覆われており、樹間越しに筑波山が見えました。
P1000073

足尾山から降りて、車道を歩いて行くとハンググライダーの飛行台がありました。
飛行台からの展望がいいです。
P1000075

もう、12時をまわってました。
時間計算して、日没までに筑波山にたどり着けそうにないので、ピッチを上げて歩いて行きます。
車道を歩いて行き、樹間越しに見える紅葉が綺麗です。
P1000080

通ってきた道を振り返るとパラグライダーが、たくさん飛んでいました。
ワゴンが車道を行ったり来たりしています。
飛んでいる人たちを運んでいるようでした。
車に注意しながらの歩行が続きます。
P1000082

先を急いで車道を歩いて行くと、車道からちょっと入ったところに東屋があり、きのこ山でした。
P1000083

上曾峠と真壁駅への分岐を左の上曾峠に向かいます。
P1000087

車道をどんどん歩いて行くと、上曾峠に出会いました。
直進して湯袋峠の方へ歩いて行きます。
P1000088

車両通行止めになっている北筑波稜線林道を歩いて行きます。
静かな道はいいです。
林道を歩いて行くとT字路に出会いました。
左に行くと湯袋峠で、右に行くと筑波山裏登山口なので、右に向かいます。
P1000090

車両の往来の多い道を歩いて行くと、年期が入って読みずらくなった道標があり、関東ふれあいの道裏筑波野営場と書いてあります。
P1000091

ここが、筑波山裏登山道入口のようです。
P1000092

登山道に入っていくと、道が二つに分かれています。
下を見ると、小石に文字”←山頂”が書かれてました。
左に行ってみます。
P1000093

うっそうとした日の光の入らない森を登っていきます。
P1000094

登山道は沢の脇を登って行くようです。
P1000095

苔むした急な石段を登っていきます。
疲労した足にきてます。
P1000096

石段を登りきると、林道に出ました。
林道を歩いて裏筑波野営場へ向かいます。
P1000097

裏筑波野営場を過ぎて、道標に従い御幸ヶ原に向かいます。
P1000098

御幸ヶ原へアスファルトの車道を歩いて行きます。
P1000099

酒寄から登ってきている筑波山頂めぐりの道に出会います。
コンクリートの急な道を左に登っていきます。
P1000101

じぐざくに登って行くと、筑波山ユースホステル跡地の駐車場に着きます。
一般の観光客は、ここまで車で来て、遊歩道を登って山頂に向かうようです。
P1000102

家族連れや若いカップルの観光客が楽しそうに登っていってますが、こちらはそんな状態じゃありません。
疲労こんぱい!
一歩一歩、ゆっくり歩を進めます。
P1000104

途中、休みながら登って行くと、山頂(御幸ヶ原)の道標が見えました。
着いた~!!
P1000105

見慣れた御幸ヶ原は、観光客で一杯でした。
P1000106

男体山は省略して、女体山に登りました。
筑波山神社にお参り。
P1000107

女体山山頂は、雲で真っ白で展望はありませんでしたが、真っ白い雲の中に真ん丸の赤い太陽が浮かんでて幻想的でした。
ピントが合わなくて、写真には撮れませんでした。
P1000108

山頂の岩場で、間もなく日没を迎えました。
日没に間に合って良かったです。
暗闇の中、歩いて下山するのは危険なので、ケーブルカーで下山することにしました。
ケーブルカーは、夜間の営業をしており、車内のライトを消していました。
車窓からは、ライトアップされた木々が綺麗でした。
携帯電話のバッテリーが切れてしまい、写真に写せませんでした。
筑波山神社下のバス停からは、筑波山口行きと筑波センター(つくばエクスプレス線のつくば駅)行きのバスあり、筑波山口行きのバスに乗りました。
筑波山口のバスターミナルで時刻表を見たら、土浦行きは1時間待つようでした。
自販機でホットコーヒーを買って時間待ちしてました。
1時間後、ターミナルに停車しているバスの運転手さんが、「土浦まで行くんでしょ!”って言ってます。
人間がバスまで移動するんですね。
乗客は自分を入れて二人だけでした。
土浦駅から電車に乗って岩瀬駅に行き、車を回収して帰りました。
真っ暗なうちに出かけていって、真っ暗になってから帰ってきました。
腰骨と大たい骨の関節にきてます。
充実した一日でした。

|

« 陰陽山(茨城県) | トップページ | 花の入公園~燕山~加波山(茨城県) »

登山」カテゴリの記事

コメント

伝説が,ここに明かされたような気持ちです(YY)

お疲れ様と,心から申し上げます

投稿: えこ | 2010/01/23 22:43

えこさん
ほんと、自分におつかれさまです。
秋の日の短い時期でしたので、時間に追われるハイキングでした。
日の長い時に縦走したほうが良いかもしれません。
舗装道路が長く続いて関節にきますので、お勧めはしませんが。

投稿: 大魔王 | 2010/01/23 23:49

筑波山縦走、一本杉峠から湯袋峠迄林道を歩きが多くなってしまいましたね、また、富士山がくっきり見えるチャンスも減って!でも岩瀬から筑波山口までの縦走は年に一度は歩きたいものですネ

投稿: fimikai | 2010/02/11 18:46

一本杉峠から舗装された林道がずっと続いていて残念なところですね。でも岩瀬から筑波山への縦走は、また歩きたいところであります。^^

投稿: 大魔王 | 2010/02/13 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山~雨引山~燕山~加波山~足尾山~筑波山縦走(茨城県):

« 陰陽山(茨城県) | トップページ | 花の入公園~燕山~加波山(茨城県) »